月極駐車場の経営って

月極駐車場のよく知らない部分を教えます

月極駐車場を経営する前によく調べましょう

この駐車場を運営するメリットは

月極駐車場は毎月単位での契約駐車場です。有料駐車場では時間貸しのコインパーキングと契約駐車場の2つに大きく分類することができます。月極駐車場を経営する場合のメリットはコインパーキングと比較して、契約できればコインパーキングよりも安定した収益が目指しやすくなります。というのは毎月単位での契約なので毎日毎日の時間単位まで気にしないでいいからです。次のメリットは精算機などの設備を整備しなくても成り立ちます。さらに駐車場経営は土地がさほど広くなくても運営できるし、アパート物件のように多額の初期投資の費用を必要としません。初期投資費用も維持費も少額で済むので、借金とかなどの心配をしにくくて済みます。

しかし月極駐車場を運営するには逆にデメリットもあることを忘れたらいけません。まず最初に駐車場の契約料金はアパートなどの家賃に比べるとはるかに少額にしかなりません。これは場所によって異なりますが、少なくても毎月の契約料金がアパートの家賃のように数万円までにはなりません。少ないところでは1か月で5000円にもならない場合もよくあることです。なので駐車場経営だけで生活を成り立たせようという考えは捨てなければなりません。次に駐車場経営では土地に対しての固定資産税の優遇措置や節税効果などがありません。土地の上に建物がないので軽減措置がなくなるからです。なので建物を撤去して新たに駐車場経営を始めようとする人は、土地の税金がこれから200平方メートル以下だと3、それ以上だと6倍くらい高くなると覚悟しておくことも必要です。これに管理業者への委託料などを支払って、少ない収入でそれでも最終的に黒字になるか赤字になるかの検討を幅広くしておかねばなりません。

自分の土地をよく見て自ら管理しないと

他に注意することは月極駐車場を運営するうえで、自分の土地が駐車場に本当に向いているか、需要がそれなりにあるかの調査、そして自ら管理する能力と意思があるかにつきます。というのは駐車場運営は狭い土地でも可能にしますが、その際には駐車枠を7人や8人乗りくらいの車にも対応しやすく広めにしておかねばなりません。駐車枠をぎりぎりにつめたり、小さかったりすると出し入れしにくいので敬遠されやすくなります。同時に駐車場へ出入りする道路の幅も広くないと、やはりそこで毎回神経を使ってしまうので、敬遠されがちでさらに収入が少なくなってしまいます。また普段の管理はできるだけ自分で行うのが望ましくなります。というのはすべてを管理業者に任せっぱなしにしてしまうと、いいかげんなずさんな管理をされていることも珍しくないからです。なので日ごろから駐車場を管理しに見回りに行って清掃作業をするなどが大事です。

人気記事ランキング